足のトラブルで悩んでいる女性が多いので、今回は外反母趾ついてお伝えします。

 

・ハイヒールを履くと親指が痛くてたまらまい。

・足裏にマメやタコ、ウオノメができやすい。

・歩くと腰や膝が痛い。

 

こんな症状がある場合は、外反母趾を疑ってみましょう。

 

足の親指が小指側に「くの字」に曲がっているのが、典型的な外反母趾です。

 

 

※外反母趾におすすめの靴は、こちらを参考にしてください。⇒【開張足・外反母趾の靴選び】おすすめのパンプス・ハイヒール・インソールを紹介!

 

 

外反母趾とは?

 

 

外反母趾とは、足の親指の付け根(関節)が外に飛び出して、親指が小指側に向かって変形している状態のことです。

 

足の縦と横のアーチが崩れると、靴の中で指先が圧迫されるので「外反母趾」になります。

 

開張足の人が合併しやすい症状です。

 

足の親指の関節はもともと少し外側に曲がっています。

その角度が15度未満なら正常だといわれていますが、15度以上になると外反母趾と診断されます。

 

 

軽度の外反母趾は、自分では気づきにくいのです。

 

・足の親指の付け根にタコができる。

・親指の角質が厚く固くなっている。

・親指の付け根が赤くなったり腫れたりする。

 

こんな場合は、外反母趾の可能性があります。

 

痛みがある場合は、足が変形が進行している証拠です。

 

この段階では、まだ軽度〜中度です。

何らかの対処をしておけば、痛みはなくなります。

 

症状の進行も抑えられるので、足の骨の変形も最小限で済みます。

 

でも、放置しておくと矯正は困難になりますので早めの治療が大切です。

 

 

外反母趾が原因の症状とは?

 

 

足の変形が進んでいくと、痛みがなくなることがあります。

 

その場合は、「痛くなくなったから治った!」ということではありません。

「足の変形が完了して、固定されてしまった。」ということなのです。

 

痛みはなくなっても、変形した足が原因で

 

・首や肩の凝り

・腰痛

・膝痛

 

といった別の症状が現れます。

 

外反母趾の影響は、全身に及ぶのです。

 

 

また、重度の外反母趾になると

 

・足の親指が人差し指の上に乗ってしまっている。

・反対に下に潜り込んでしまっている。

 

という、歩行困難な状態も引き起こす可能性があります。

 

 

外反母趾は少しずつ進行していきます。

曲がる角度が大きくなると、足指だけでなく足全体の変形にもつながります。

 

足の骨格が複雑に変形してしまい、足全体にねじれが生じてしまうのです。

 

足指に力が入らないため、歩き方も不安定になります。

 

 

外反母趾になる原因とは?

 

 

外反母趾になってしまった人は、原因を取り除かないと症状が悪化してしまいます。

 

・靴に圧迫されるのでタコやウオノメができる。

・親指がねじれるため力が入らず歩き方が変になる。

 

など、日常生活に支障をきたします。

 

軽度〜中度の症状なら、セルフケアで改善する可能性が高いです。

 

外反母趾を悪化させないように、出来るところから取り入れてみてくださいね。

 

 

原因と対策1:悪い姿勢や間違った歩き方

 

 

外反母趾の原因の一つとして、歩き方や立ち方の悪い癖があげられます。

 

足の親指側に重心がかかり過ぎると、親指に負荷がかかり外側に曲がっていきます。

 

また「ペタペタ歩き」のように、足の親指で蹴り出さない歩き方をしていると、親指の筋力が衰えていきます。

 

親指の筋力が弱まると、靴に押されている方向に動きやすくなるんです。

 

そのため、外反母趾の進行を防ぐためには、正しい歩き方や立ち方を身につけることが大切です。

 

 

原因と対策2:足に合わない靴

 

 

パンプスやハイヒールを長時間、履いていることも大きな原因です。

 

かかとの高い靴を履くと、体重の1/3が足の前方にかかるといわれています。

そのため、つま先の細いパンプスやハイヒールを履くと指先が圧迫されてしまいます。

 

長い時間圧迫されていると、靴の形に沿って足の親指や小指が曲がっていき、足の変形につながります。

 

靴に押され続けると、親指の関節が外れて曲がったまま固定されてしまうのです。

このことが「外反母趾の90%は女性」だといわれている原因です。

 

 

外反母趾を進行させないためには、かかとの高いハイヒールや先が細い靴は履かないのが鉄則です。

 

仕事などで必要な時だけ履くようにし、通勤中や会社内にいるときはスニーカーや、かかとの低い靴を履くように心がけましょう。

 

 

靴の選び方

 

 

歩行時に、足が靴の中で「前後」に動かないことが重要です。

 

足幅がゆるい靴を選ぶと、靴の中で足が前後に動いて、外反母趾を助長させます。

 

親指に当たって痛い靴を避けるのはもちろんですが、ゆるすぎる靴も足には良くないのです。できるだけ足の周りがぴったり合った靴を選ぶのがポイントです。

 

 

パーティーなどでどうしてもハイヒールを履きたい時は、会場で履き替えるようにしましょう。

 

普段の生活では足に負担がかからないようにコンフォートシューズや、インソールを使用しすることをおすすめします。

 

 

ヒールの高くないサンダルは足に優しいです。

 

サンダルは、外反母趾や扁平足などを予防することができるといわれています。

特に鼻緒のあるタイプのものは、親指の圧迫がないため外反母趾の人におすすめです。

 

サンダルはかかとも開放されているので、足指の蹴り出し・踏み返し動作が鍛えられます。そのことが足の機能や足のアーチを高めることにつながります。

 

夏場は鼻緒のついたサンダルを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

靴の選び方はこちらの記事に詳しく書きました☆⇒ 【靴の選び方】足に優しいパンプスやハイヒールを選ぶ7つのチェックポイント

 

 

原因と対策3:足裏の筋力低下

 

 

足裏や足指の筋力が低下すると、靭帯などがゆるんでしまいます。

そのことが足のアーチの崩れを引き起こします。

 

・歩き癖

・運動不足

・肥満

・加齢

 

などが原因で、足裏の筋力が低下すると考えられます。

 

とくに肥満と筋力低下が加わると、足のアーチが崩れてきて外反母趾を発症することが多いです。

 

足裏の筋力を鍛えるためには、足指の体操やストレッチなどが有効です。

 

 

外反母趾を改善する体操

 

外反母趾を改善する効果が高いといわれている体操を3つ紹介します。

 

簡単にできる体操なので、外反母趾で悩んでいる女性は試してみてください。

 

 

外反母趾を治す体操1:グーチョキパー体操

 

 

外反母趾に最も効果があるといわれているのが「グーチョキパー体操」です。

 

足指でジャンケンするように「グー・チョキ・パー」と、しっかり動かしてください。

 

最初は難しくても毎日5〜10分くらい続けていると、1週間ほどでできるようになります。

 

軽度の外反母趾なら、この体操で改善する人が多いといわれています。

 

 

外反母趾を改善する体操2:ゴム伸ばし運動

 

 

足の変形が強くて、グーチョキパー体操が出来ない場合は「ゴム伸ばし運動」をしましょう。

 

太めの輪ゴムを両足の親指にかけて足先を開き、そのままの状態で10秒キープします。

 

これを20〜30回、繰り返し行ってください。

 

 

外反母趾を改善する体操3:タオルつかみ運動

 

タオルつかみ運動も、足裏の筋肉を鍛えるのに有効です。

 

1.タオルを床に広げ、椅子に座ります。

2.床に広げたタオルに、両足を置きましょう。

3.足指全体で、タオルを手繰り寄せます。これを10回繰り返し行ってください。

 

 

外反母趾の治し方もまとめ

 

 

外反母趾対策には、足のアーチを保護するインソールやサポーター、テーピングなどもおすすめです。

 

でも、「どんな靴を履いても痛い!」という方や、「歩くのも困難!」という場合は、整形外科などを受診してくださいね。

 

外反母趾は足だけでなく全身に影響を及ぼすので、悪化しないよう進行を止めることが大切です。

 

 

【関連記事】

 

【靴の選び方】足に優しいパンプスやハイヒールを選ぶ7つのポイント

 

【開張足・外反母趾の靴選び】おすすめのパンプス・ハイヒール・インソールを紹介!

 

☆ランキングに参加中☆

 

あなたの応援クリックが、更新の活力源です(*´▽`人)アリガトウ♡

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ